高精細印刷

高精細印刷について

高精細印刷とは、通常の175線よりも高いスクリーン線数を用いた印刷手法です。240線を越えると、肉眼で網点は見えづらく、モアレも目立たなくなります。一般印刷物よりも、美術印刷など繊細な表現が求められるものに用いられます。

弊社では、240線を標準仕様(175線も選んでいただけます)とし、340線・FMスクリーンにて仕上げる「高精細印刷」を可能にする技術・機器を導入しております。従来の印刷では、どうしても出てしまうロゼッタパターンやモアレなどを解消・減少させることが可能となります。

高精細印刷が向いているもの

高精細印刷は美術館などの図録、細部に鮮明さが求められる医学書、高級感を求められるカタログ記念誌、再現性を求められる写真集などに最適です。

高精細印刷の4つのメリット

メリット 1鮮やかな発色

網点自体が微細なため彩度の高い印刷が可能になります。鮮明で濁りのない美しい仕上がりに。

メリット 2ロゼッタパターンの解消

特定のパターン構造によって発生する甲羅模様は高精細印刷なら微細な網点のため肉眼では確認できません。

ロゼッタパターン

※ロゼッタパターンとは
カラー印刷をよく見ると小さな亀甲模様が並んでいるのが見えます。
これは4色のインキが色ごとに定められた角度で配置されているために現れる現象です。

メリット 3モアレの減少

網点の違いや傾きによって発生する斑模様が減少し、パターン柄などの表現力が豊かになります。

モアレの減少

メリット 4細部までクリアな表現

細かい網掛け文字や白抜き文字、淡い色調の細い線の表現が飛躍的に向上します。

印刷事業についてPRINT SOLUTION

サービス内容

高精細印刷

340線・FMスクリーンにて仕上げる「高精細印刷」が可能です。

詳細はこちら

設備紹介

設備紹介

自社工場を構え、充実した設備を有しております。

詳細はこちら

品質への配慮

品質への配慮

経験豊かな人材とこだわりを持った職人気質の社員が、高品質な製品を実現するために常に全力で仕事に取り組んでおります。

詳細はこちら

環境への配慮

環境への配慮

持続可能な循環型社会を目指し、「使用材料の少量化」・「再資源化」・「容易な分別・処分」に取り組んでおります。

詳細はこちら

ページトップ